2013年05月15日

朝日 「歴史発言や靖国参拝で事を荒立ててばかりの政治は情けない」 ← 焚き付けたのはお前らでは?

1 : 三毛(栃木県) 2013/05/15(水) 08:17:28.45 ID:zK4uLCsh0 BE:28624223-PLT(12791) ポイント特典



そのハプニングで、沖縄県議会は丸一日空転した。14年前の夏、国旗・国歌法案の公聴会が那覇市であった日。本会議で保守系議員が身ぶりを交えて「天皇陛下万歳」と発言し、周囲を驚かせた
▼翌日、地元紙のコラムがこう書いていた。「時代錯誤か未来の図か県議会で天皇万歳……」。
憂える筆の冴(さ)えに共感した記憶が、先月28日にふと浮かんだ。政府主催の「主権回復の日」の式場で天皇陛下万歳の三唱が起きたと聞いてのことだ
▼沖縄にとっては本土と切り離された「屈辱の日」である。
首相ら多くが万歳する中、知事に代わって出席した高良(たから)副知事は加わらず、「慣れていなかったものですから、即座に反応できなかった」と話していた。当たり障りのない言葉が、心中の複雑さをうかがわせた
▼きょうの「本土復帰の日」も、手放しで祝える日ではない。復帰に際して地元紙は「変わらぬ基地 続く苦悩」と書いた。
41年たち、「要石(かなめいし)」と呼ばれる軍事拠点の現実は動かない
▼加えてこのところは、尖閣諸島をめぐる緊張が、沖縄の負担を案じる世論をしぼませている感がある。安全保障に冷徹な戦略は欠かせまい。
とはいえ有事の空気を沖縄ばかりに吸わせる歪(ゆが)みを、本土はしっかり知る必要がある
▼それにしても、隣国との関係修復どころか、歴史発言や靖国参拝で事を荒立ててばかりの政治は情けない。
負担に加え、自己満足のツケまで小さな島に回す。万歳三唱の向こうに、自民主唱の「国防軍」が透けていないか。

http://www.asahi.com/paper/column.html



2 : ジャガーネコ(やわらか銀行) 2013/05/15(水) 08:18:15.14 ID:wqy4Iltz0


ブーメラン一号?


3 : 猫又(愛知県) 2013/05/15(水) 08:19:29.46 ID:cTcpiohe0


日本のカスゴミは
アジアの放火魔ですからのう

絶対正義の白人さまは神聖不可侵






面白い記事はこちら→人気ブログランキングへ


▼ 超話題!新着オススメ記事 ▼
Powered By 画RSS
posted by 管理人 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。